ドイコ2007


by otokonokarakuchi

<   2005年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

JVC Jazz Fes

ハリウッド方面に遊びにいってきました。
d0022623_2149446.jpg

まずは、個人の所有物を一般公開のミュージアムにしてしまったというGetty’s Museum
中の展示品はとても個人でどうこうできるレベルではない量、さすが石油王。。。
d0022623_21495946.jpg

建物そのものもお庭もすごいし、景色もキレイなところでした。

で、夜は JVC Jazz Festival を観にハリウッドボールへ。
例によって、我が家は VIP  としていきました、いぇい!
生きる伝説、ギタリストの リー・リトナー のゲストとして楽屋へもいけました。
d0022623_226310.jpg

野外のジャズライブなんですが、相当面白かった。

演奏はすごかった。ベースのおっちゃんが特にかっちょよかったです。
ベースのおっちゃんの名前は、 Stanley Clarke !
正直、あそこまですごいベーシストを僕はみたことがありません。
普通のウッドベースをギターのように指ではじく。。。
あの凄まじい早弾き、迫力ある弦の音は誰にもまねできないのではないでしょうか。。。

最後楽屋で、サインをもらって一緒に写真も撮っちゃいました。
いやー本当に感動しました。

あとは特別ゲストとして ジェフリー・オズボーン が歌いに来てた。
You are so beautiful などの名曲を歌い上げて、最高に盛り上げてくれました。
オズボーンさんにもサインもらって、写真撮ってもらった。
やっぱり一流というのはすごいオーラをもっています。 感動。。。

楽しかったー!
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-23 01:12 | 二人

シーワールド

毎日いい天気なんだけど今日ももちろんいい天気
日差しが痛い。。。
1時間半くらいドライブして、サンディエゴへ向かう、5Sをひたすらまっすぐ。
シーワールドドライブで降りて、10分くらい車を飛ばす。

シーワールド!
d0022623_2147248.jpg

シャチのショーやイルカのショー、アシカのショーとかなかなか凝ってて楽しい。
d0022623_21475171.jpg

もちろん、普通の水族館にいる生き物もいます。
ペンギンとか可愛いねー。

中学生くらいまでよく行っていたテーマパークなんだけど、結構面白かった。
毎日デート、ちょっと体力的に疲れが見えてきたか。。。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-21 12:38 | 二人

yesterdy

昨日はまずゴルフの打ちっぱなし

次に昔アメリカすんでいた辺りをドライブ

中学、高校周辺をドライブ

で、シュワちゃんの家

ナッツベリーファーム行って
d0022623_2143344.jpg

海行った。 ニューポートビーチ
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-21 12:36 | 二人

サウスコーストプラザ

昨日ディズニーでひたすら遊んだから、今日は控えめ。
といっても結構歩いて歩いて運動しました。

まず朝から昨日の疲れを引きずって、頭重い重い状態に。。。
ビタミンCとユンケルと風邪薬と気合でぶっとばす。
ぶっとばしたら運転。

まずは北欧の家具屋さん IKEA へ。
IKEA、日本ではイケア、アメリカではアイケアというふうに読みます。
全部自分で組み立てるということをコンセプトに、様々な家具がディスプレーされている店。
膨大なスペースに、小さいお部屋を見立てたショールームがいっぱいある感じ。
もともと家具を見て回るのが好きなので、2時間くらいしっかり時間を潰してました。
ピンクのびよーんって伸びる小物入れ、写真たてなどを購入して、大満足。

IKEAを後にして、ずっといきたかった デルタコ でご飯。
タコス、メキシコの食べ物だね。
ハードタコもしくはソフトタコが3つで¢99、オススメメニューはソフトチキンタコです。
早く日本にも出店してほしい、ファストフードのひとつです。

おなかいっぱいになったところでサウスコーストプラザでぶらぶら。
ティファニーで200万のダイヤの指輪をはめたところを写真におさめたり、ふらふらしたり。
楽しかったねー。

そのあとプロビデンスのモールで見つけたシンプソンのサンダルを探しにドライブ
結局見つからなかったわけですが、、、

コスコいって
かえってご飯食べてテニス
テニス終えてお庭のスパにつかる

実は、おうちのお庭に露天風呂のようになる、スパがあるのです。
いやーこのお風呂がとても気持ちいい。
その日の疲れを、しっかり取ってくれるこのお風呂に感謝です。

こんな感じ。

また詳しく書こう。
忘れないようにメモ。

おやすみー
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-19 15:18 | 二人

ディズニーデート

ディズニーへ二人でいってきました。いっぱい遊んだ。
12時間くらい遊び続けたから乗れるものは大体乗ったし、見たいものは大体見た。
花火がパワーアップしてたのと、なんかアトラクションが増えていた。
あと初めてミッキーの家いって、ミッキーと写真とった。
世界中に数多くいるミッキー
その中でも本家本元の本物のミッキー、なかなか素敵だったさ。
二人してお疲れ、あー楽しかった。
d0022623_1272568.jpg


日本のディズニーシーもいってみたくなりました。
おやすみなさい。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-18 16:14 | 二人

16日

メモ-16日
ダラス→ ロングビーチ → ロス
お出迎え リムジン

近所のモール マーケットプレース
麻雀



悪夢の一日から目が覚めて、早朝からロングビーチへ飛ぶ
長い間カリフォルニアいたけど、初めてだよロングビーチに降り立つなんて。。。
なかなかいい飛行場だ。
そこから、大急ぎでタクシーへ乗り込む、LAXまでよろしく!
なんとか間に合いそうだ、よかった。
初めて降り立つ国で、迎えにくるはずの人がこないなんて心配だろうしね。
d0022623_11131431.jpg

とにかく大急ぎでLAXに到着。間に合った。
もうほっとしたら、眠くなってきた。
手配していたリムジンの人とも合流、なんと普通の黒塗りの車は出払っているため
今回は長いリムジンにアップグレードしてくれたらしい、あんがとさん!
おかげでWELCOMEに華を添えることができました。
d0022623_1118910.jpg

そんなこんなで頑張って、11時くらいに LAX に到着したんですが
なかなか出てこない。
全日空成田LAX便のお客さんはもういないかなーと思った12時半前くらいになって
ようやく出てきました。おーWELCOME!
どうやら税関で、たらいまわしにされた挙句、携帯の写真で遊ばれたりしていたらしい。
後で、携帯見せてもらったら本当に税関の職員の写真が写っていた。
いやーお疲れ様です。
なんにしても無事にお迎えに上がれてよかったです。

ゆっくりしていってねー
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-18 16:13 | 日々

15日-帰宅?

全体を通してとんでもなく大変な旅行にしてくれたのがこの日。
いろいろありました。あー疲れた。



メモ-15日
10時 散歩 
11時 エンパイアステートビル
12時 ホテル 全部歩
14時 Newark
16時 OB だけど 出発
19時 ThunderStormのためTulsa、OKへ
19時半 Tulsa 着
20時 Tulsa 発
23時 ThunderStorm のため OklahomaCity へ着
23時半 すっちー労働時間オーバー、新しいすっちー待ち
24時 OklahomaCity発
24時半 ダラス 着



NY から ロス に帰る予定の日、とんでもないトラブルに巻き込まれました。。。
もうメモにある通り。

当初の予定では、13時ニューワーク発、14時ダラス着、15時ダラス発、17時ロス着



まずは、ニューワークでのトラブル
予定通り飛行場について、チェックインカウンターに向かったところ様子がおかしい
「発券は今はできませんので、とりあえず許可証をもって出発ゲートで待っていてください」
ふーん、まーセキュリティチェックとかかな?NYだし。。。と思っていた。
しかし、出発間際になっても何も言って来ない
ゲートの係員に聞きにいくと
「5名オーバーブッキングしています
 誰か$300+宿泊費で明日の飛行機に乗る方いませんか」
というアナウンス、そしてこちらに向かって
「あなたたちは、だれもボランティアが出なければ乗れません」

「は!?」

「もうわけわかんない、お前らが勝手にオーバーブッキングしといて
何でチケットとったオレが降りなきゃいけないわけ。。。オーマイガッ。
ってか明日日本から来る彼女を迎えにいかなきゃならんのよ」
みたいな反論をしていた、その後1時間ぐらいごちゃごちゃした挙句
諦めて僕が残って、両親を先に帰らせることに。。。
そしたら出発間際、一人空いた、お前乗れということになって、なんとか乗れた。

ほっ。。。
テイクオフ!



これに乗ったのがよかったのか悪かったのか。。。

とにかく飛んだ飛行機はダラスに向かって、順調にフライト。と思ったら
なんかあと100マイルくらいのところで、何回も旋回を始めた。
窓側に座って、景色を見ていた僕は、すぐさまその事実に気付く
何回も方向変換するし、同じ形をした湖が3回も4回も見えた。。。

その湖を見たのが8回目を超えたとき、アナウンス。
「ダラスでサンダーストームが発生しているため、着陸できません
 旋回して様子を見ていましたが、燃料切れです、オクラホマ州のタルサに着陸します」

オーマイガッ!



タルサでは1時間半くらい止まって、燃料入れていた
そして機長からのアナウンス
「hopefully,多分着陸できると思う、25分フライトだ」
あーもうダメなんだろうなーってこの時点で思った。
だって hopefully だもん。

飛び立って、10分くらい、既にダラスの方角にある馬鹿でかい雲から雷がゴロゴロ
それもゴロゴロ~なんて可愛いもんじゃなくて
雷が見えなくなる時間が5秒とないくらい、ずっとゴロゴロ。。。

こんなん降りれるわけないし、降りてもらわなくても全然いい。
とりあえず諦めて待機してよーよ。
案の定25分フライトは3時間フライトになり、次はオクラホマシティへ。
オクラホマシティには他の飛行機も次々と緊急着陸していました。
で、降りたい人は降りてちょうだい、また待機してるから乗っていたい人は待っててね
そういう指示があった。
こんなとこで降りても明日、帰れないしとりあえず待機。
その間、親父の携帯から彼女に電話。。。
迎えにいけないかもしれない、リムジン手配したからそれに乗っておくれ。。。すまん。

そんなことをしていると、他の飛行機が飛び始めた。
へ?どこに行くんですか、みなさん?
そして一向に動かない我らが アメリカンエアー。
アナウンスはいりまーす。
「キャビンアテンダントのワークタイムがオーバーしたため、彼女たちはここで降ります
 新しいキャビンアテンダントを今呼んでいるので、到着次第出発します。。。」
おいおい、お前ら別に何も働いてないじゃん。なんとアメリカらしいこの言い訳。。。
デブすぎて、通路通るたびに寝ている人起こしていただけでしょ?

そっからまた30分くらい待って
他の機体はもう全部いっちゃってから、我らがアメリカンが最後にオクラホマシティを後にした
ダラスに着いたのは、深夜1時前。
もちろん接続はなく、しかも次の日のオレンジカウンティへの飛行機もなく、しかしホテルもなく
この日はターミナルに宿泊。。。

明日は、とにかくロス近辺に着陸できればよいということで
無理やり探し出してロングビーチ行きを発見、そこに飛ぶことにしました。

あーもういいや、腹減った。
明日のことは明日考えろ、奇跡的に開いていたマックで悲しい夕食をとり
ダラスのターミナルで睡眠。
ここは、こういうことよくあるんだろうね、簡易ベッドがいっぱい用意してありました。
ははは、あー疲れた。

死にそうだった
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-17 23:28 | 日々

14日@NY

今回の目的DCIをばっちり見学でき、少々お疲れ気味でNYへ戻ってきた。
NYにきたらやっぱりちょっぴりおいしいご飯とブロードウェイだよね。
リトルイタリーでご飯を食べて、夜はミュージカルを見てまいりました。



メモ-14日
10時 Providence Amtrack
14時 PennST
14時 まりおっと
15時 Little Italy Lunch@T~
18時半 シカゴ
22時 GoodNight! 



おんなじ道のりをおんなじアムトラックで NY まで戻ってきました。
んでまた同じホテルに宿泊。

このホテルのエレベーター非常にユニークなシステムでした。
エレベーター乗り場の真ん中にあるテンキーでまず、自分の行きたい階を押す
すると A~J ぐらいまでのアルファベットが矢印とともに表示される
その、アルファベットがふられているエレベーターに乗ると自分の行きたい階に止まるというもの
初めてみたから、最初は戸惑った。
みんな戸惑ってたけどね、まーでもあーいうシステムだと
同じ階に行く人なんかを一つのエレベーターに乗せることができるからスムーズにいくのかな
。。。多分。

NY に戻ってきて、まず向かったのがリトルイタリー
なんせ、ここんとこハンバーガーとか、中華のファーストフードとか↓
d0022623_14591758.jpg

しか食べていなかっただけに、せっかく NY に来たんだから何かおいしいものが食べたい
ということになったのだ。
それで入ったのが、リトルイタリーにあるとあるレストラン
もう3時ということもあって、非常に無愛想なイタリア人がサーブしてくれました
ここで3人でワインを2本空けて、
アペタイザーからパスタから大量の料理をたいらげました。
久しぶりにちゃんと料理されたものを食べたよ。
やっぱりパスタはこういう店じゃないとダメだね、アメリカのパスタってのびのびだし。。。
本当においしいランチをありがとうございました、生き返ったよ。
無愛想でもなんでも、とっても感謝、ありがとー!

ゆっくりご飯たべて、ふらーっとSOHOのあたりをまたふらついて地下鉄に乗る
やっぱーり NY 来たんだしミュージカルみないとねぇ。。。ってチケットセンター行ったら
あと30分でシカゴが始まるって言うんで、飛び込みでシカゴを見に行きました。

d0022623_15204866.gif


劇場にまず感激、とても手狭な感じ。
このサイズでミュージカルが観れるのがまた NY のいいところです。
始まって、まずヴェルマ役の女優さんの放つオーラに圧倒された。
これはすごい!

NYでも何本か、またトロントでもロスでも何本かミュージカル観ているけど
これだけオーラを放った女優は今回のシカゴが初めてだ。
後からわかったけど、やっぱりこの女優はエース女優だった。
夏休みシーズンなのにご苦労様です、おかげでものすごいものを観れた。

打って変わって主役のロキシー。。。
なんだか貧弱な役者がでてきて、スポットライトを浴びて歌っている。
まさか、こいつがロキシーじゃないよなー???って思っていたらロキシーだった。
隣にいた観光客みたいな日本人は、このロキシーで感動してたけど、実際ショックだった。
後でこれもわかったけど、このロキシー役の女優はなんと3番手。。。

いくら夏休みシーズン、観光客ばかりだからってそりゃないんじゃないのー。
まーヴェルマがめちゃくちゃよかったから、たまんなくいいショーになったけど。。。
いつか、エースが揃い踏みのシカゴをブロードウェイで見てみたいなー。

あの All That Jazz にあわせて軽快に歌って踊るヴェルマ、もうパワー炸裂!
あとは囚人登場シーンのあの笑いの間と、表現力の豊かさ、参った。
やっぱり NY いったらミュージカル観ないとダメだね。

感動しました、ありがとう!
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-17 23:20 | 日々

13日@Providence

いったんNYを離れ、RhodeIsland にある Providence という町へ。
実はこれがこの旅の本当の目的、NYはおまけだったんです。



メモ-13日
10時 PennStatiton Amtrack
14時 Providence
16時 Westin
18時 DCI @ Gillete Stadium
24時 終了
25時 GoodNight!



アメリカ10年目にして初めて乗る Amtrack、日本で言えば新幹線にあたる快速電車です。
まー新幹線と比べたら JR さんに怒られちゃうような電車ですが。。。

関係ないけど忘れないようにここでアメリカの乗り物について書いとこ
電車にしてもバスにしても、日本の乗り物はみんなすごいよ本当に。。。
大体ダイヤがあることがすごい、JRをあんまりいじめないでください。

まず、昨日約5年ぶりに乗った NY の地下鉄だけど
東京の電車に乗りなれている人間からしてみればレベルが低すぎる。
まー駅が暑いってのは許してあげるけど、
車両が普通に立ってられないほどゆれるのはどうかと思う
あとは、止まっても駅名言わないし、もう勝手に乗ってちょうだいなって感じ。

バスもすごかった、降りる扉は自分であけなきゃいけないんだけど
この扉がたまにめちゃくちゃ重いときがある。もうじーさんばーさん開けられないぐらい。
あと座席の場所によっては、シートの下にエンジンあるのか知らないけど
足の置き位置によっては、ふくらはぎとか火傷することがあるらしい。
うーん、まーそんな程度の問題を挙げ始めたらこの国は死ぬほどでてくるからやめとくけど
帰国すると日本の行き届いたサービスには本当に感心しちゃいますな。

で、今日乗ったアムトラックなんだけど、こいつも乗るところから大混乱。
もう駅のシステムがちゃんと機能してないんだろうね。
まず、電車が定時に着かないのは当たり前として
どのホームに電車が来るかは電車が来てからのお楽しみだから改札の外で待ちぼうけ
着いたら着いたで、セキュリティチェックやら切符チェックやらでなかなか乗り込めない。
やっと乗れたと思ったら、電車の中は真っ暗。。。
え、これってこの前のスーパーニュースでやってた
「北朝鮮の電車は電気を付けていない」って状況と何も変わらないじゃん みたいな。
まー電気は10分くらいで付いたんだけどさ、なかなかすごい電車だった。
もちろん揺れる。

それでも、NY、Boston 間を3時間弱でつなぐこの電車はやっぱり便利で
比較的楽ちんに現地 Providence に到着しました。
うーん、何もない街だ。。。大丈夫かこんなとこ来ちゃったけど。

宿泊は Westinホテル まー普通のホテルだった。
DCI が始まるまで少し休憩、 zzz



DCI、なんの略だっけなー。 Drum Corps International だ!
僕も初めて見に行くショーなんだけど
アメフトのハーフタイムの間にマーチングバンドがフォーメーションを組みながら演奏する
これをフィールドショーというんだけど、それの全国大会みたいなものです。

もう見たことない人にはどんだけ言っても伝わるものじゃないと思う。
こればっかりはしょうがない。日本にはない文化だしね。
そのショーを会社の特権を駆使して VIPということで、まん前で見ることができた。
途中、サンダーストームで中断というハプニングもあったが、24時ごろに無事終了。

こういったフィールドショーを中学、高校と自分でもやっていただけに
こんなうまい人達と一緒にプレーできたらもっと楽しかっただろうなーと思う。
ラインはまっすぐに決まり、カーブはきちんとカーブとして決まる
楽器からは力強い高音が響き渡る

日本人とか中国人にこういうことをやらせると
フォーメーションだけとれば、もっともっとうまい完成度の高いものを仕上げてくると思う
でも、パワーとかエンターテイメントが足りなくなるんじゃないかと思う
実際会社の人も日本でも最近盛んになってきたんだけど
テクニックに走りすぎていることを嘆いていた
それはそれで、とてもキレイなものになるんだろうけどね。
やっぱり、6万も7万も入るスタジアムでやることが前提とされている以上
ボリュームと迫力ありきのショーでなくてはなりません。

しっかし、みんなうまいねー。
またドラムメジャーがきびきびしていてカッコいいし!
オレも一度あの表彰式の時の敬礼やってみたかったなー。。。

ホテルに戻ったのはもう1時過ぎでしたが、大満足なショーでした。
会社のみなさん、お世話してくださって本当にありがとうございました。
あと親父ありがとう!
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-17 23:15 | 日々

12日@NY

この日は1日中 NY にいれた貴重な日。
時差ぼけがうまく機能して、朝からいっぱい散歩ができた。
そっかーNYってこんな街だったかー。



メモ-12日
6時半 散歩 ビーチボーイズ
10時 グラウンドゼロ 地
11時 SOHO 歩
13時~16時 MOMA 地
17時~20時 メトロポリタン 森田 地
21時 MARS2112
23時 GoodNight!



ホテルのあるタイムズスクエアから、セントラルパークの一番南あたりまでふらふら
やっぱり NY きたら 5th の通りは押さえておかねばと思い 5th の方向へふらふら
あとはぐるぐる、気の向くままにふらふらした。
d0022623_10525110.jpg

街の外観だけみれば、東京のほうがずっとキレイに整っていると思った
NY の街は常に何かが腐ったような異臭がしているし、ほこりっぽい
朝からそんな匂いがしているんだから、これはよっぽどのことだと思う

それでも NY には人を惹きつけるパワーがすごいある
中でも一番感動したのが、古い建物と近未来的な建物が共存しているところ
そしてその古い建物もきちんとメンテナンスされているのか、決して古ぼけて見えないところ
NYにある歴史を感じる建物からは、どこか誇りと威厳を感じることができる
今回 NY に来て一番感動したのはそこだった、すごい素敵な町並みだと思う
NY がアメリカ人に愛されているのは歴史の短い経済大国アメリカにおいて
新しいものを発信しながらも、歴史を感じることができるからじゃないかなーなんて思った。
d0022623_10564977.jpg

そんな感じでふらふらしているとNBCだったかな・・・
どっかのテレビ局の朝の番組でビーチボーイズが生野外ライブをする!ってのに出くわした。
場所はロックフェラーセンターの近くだったと思う、すごい人だかりになっていた。
結局、時間がだいぶ先だったということもあって、生ではみなかったんだけど
ホテルに戻ってテレビで見てました。いやー面白いなーニューヨーク!
d0022623_113691.jpg

朝の散歩から一旦ホテルに戻って、その後、地下鉄に乗ってグランドゼロへ
正直ここに背の高い建物が2棟も建っていたなんて想像もできない状態
金網で囲まれているその敷地は、あまりにもでっかくてさ
うーん、よくわからんというのが正直な感想かもしれない。
観光地化されているっていうのもあって、不謹慎なことに笑顔で写真撮っていました。。。
いかんいかん、少し反省せねばいけません。
d0022623_11115140.jpg

グランドゼロから無謀にもSOHOまで歩いてみることにした
暑かったし、結構距離はあったけど、街並みが見れて面白かった。
ふらふらしながらSOHOのあたりに到着、この辺はとてもおしゃれなお店が多い
廃れていた地域にアーティスト達が住み始めて芸術の町にしたというこのSOHO、
個人経営のお店もあれば、全米中どこでもあるようなGAPみないな店もある。
ちらほら買い物をした後、入ったカフェがとてもいい感じでした。
NY SOHO にある cafecafe、サラダとかホットサンドがとてもおいしいお店でした。
d0022623_11235176.jpg

そろそろお疲れになってきたんだけど、こっからは気合!
SOHOから地下鉄に乗って、MOMAへ向かいました。
色々みてとても面白かったけど、ここはあんまり書かなくていいや。また来たときのお楽しみ。
少し高いね、$20だったかな。
女性のヌード写真の区域で男の子が写真を撮ろうとして係員に怒られ、
その横で、おじいちゃんが必死に模写をしていたのが印象的です。

MOMAを全部見終わった、あたりで森田と会う時間になったのでメトロポリタンへ
森田はロス在住時のお友達です。
絵の勉強をするために、単身ニューヨークに残って今年大学を卒業したらしい。
で、現在驚くことに NY メトロポリタン美術館 の職員として働いている子です
メトロポリタンで働いているっていうからバイトかと思ってたら、職員でした。

そういえば、ひとついいことを教えてもらいました。
メトロポリタンは寄付で成り立っているので決められた入場料ってのはないらしいです。
一応入り口の切符売り場みたいなところには$10だったかな、書いてあるんだけど
それは大体の目安で、入り口で¢25渡すだけでも入場できるみたい。
今回はお友達ってことで、タダでしかも、説明を聞けるマシンも貸してもらって入場しました。

展示品を鑑賞しながら近況を聞いたり話したり
久しぶりに会ったんだけど、何も変わっていない森田が嬉しかった。
この子のどこにそんな芯の強さがあるのでしょうなー。。。

森田自身はリアルな肖像画みたいのを描いているらしくて
春か夏かに行われる、メトロポリタンの職員による美術展みたいので
メトロポリタンデビューしちゃうかもしれないらしー
うーん、まー頑張ってくれぃ!

それにしてもここはMOMAと違って、めちゃくちゃ広い!
3時間くらいかな、駆け足で色々回ってみたけど
それでもまだ四分の一にも満たない量しか見れなかった
まー職員ですら全部把握していないっていうんだからしょうがないな

美術品はやっぱり世界のメトロポリタンというだけあって、どれも素敵な絵ばかりでした。
いちいち覚えていないので絵については省く。。。

夜はホテルの近くにある MARS2112 という火星をイメージしたレストランで食べた
いまいちぱっとせず、というレストラン
なんかアトラクションも、内装も中途半端。。。
それでも楽しくお食事して、お土産までもらってバイバイしました。元気でねー。

1日歩き回った。
さすがに疲れましたなー、明日は今回の旅のメイン
DCI というフィールドショーの大会を観るため、さらに北上。
NY州を離れ、ロードアイランド州にあるプロビデンスという街へ電車で向かいます。

おやすみなさい
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-08-17 23:11 | 日々