ドイコ2007


by otokonokarakuchi

<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

英語について

論文の英訳をチェックしています。

アメリカに5年いたこともあって 「英語」 という単語は
日常暮らしているなかでもちょくちょくでてくる。
自分のことを説明するとき、経験を話すとき、旅行にいく友達に何か聞かれるとき。

「5年もいたらぺらぺらだねー」
よく言われる。
うん、まーそこまでではないが日本人が聞いたらぺらぺらに聞こえるかもしれない。

「TOEICXXX点、TOEFL△△△点、すごいねー」
よく言われる。
うん、まーちょっとはすごいのかもしれない。

でも英語得意でしょ?って聞かれると
素直にうんとは答えられない自分がいる。
なんか恥ずかしい。逆にコンプレックスだったりする。

なぜなら

ちゃんと勉強していないから。
ちゃんとした言葉を使ってきていないから。
ちゃんとした文書を書いたことがないから。

うー時間がなくなってきた。
まとまりのない文章だけど、そろそろ英訳始めるか。

また書く!
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-30 14:53 | 日々

マンション

いろいろあってマンションを購入することになりそう。

今日は忙しいのでまた暇になったら書こう。

ありがとー連休。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-28 19:53 | 日々

面接終わり

面接やってきました。
ひじょーに不安の残る技術面接。
だいじょーぶなんだろーか。

人事面接はなんとか普段の実力を発揮してきたから
いいんだけどねー。

まー終わった。よく頑張った!
あの会社に行きたい。とにかく行きたいんだー!
結果は連休明けになるっぽいです

結果待ち。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-27 15:38 | 日々

面接

明日久しぶりに面接
専門知識を聞かれるらしい
研究室にきて何言うか考えようと思ってたら

寺に会いました

寺は何をプレゼントするか迷っていました
色々アドバイスみたいなことをしてみたけど
最後は気持ちだと思う

がんばれ

人とちゃんと接するとき
大事にしていきたい人、大切だと思う出会いには
まっすぐに、オープンに

すべては気持ちをこめることを心がけています
声に力が宿るとき
やっぱり気持ちだと思う

人とのつながりは大事にしたい
 
ありがとーね。あと、みんなありがとーねー。


あー忘れてたよ、面接ねー。
明日は朝早いし、声に力を宿せる気がしない。

そんなときは笑ってみるか。
逆に笑わせてみるのも面白いか。

ウソとホントのコラボレーション
技術面接 ・ ・ ・ 20分なら乗り切れるかな

あふれる才能も大事にしたい
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-26 14:26 | 日々

ごはん

久しぶりに家でご飯作って食べた。

豆乳野菜スープにチキンカツ丼。
簡単な料理だけど、そこそこうまい。
そしてできあがるのが早い。

多分そのへんにいる男子大学生の大多数よりは料理できると思う。
でも全部オレ流で作ってるからなー、きちんとした味を出していきたい。
ということで、今度料理教室の体験コース行ってきまーす。

あとはデザートをちゃんと作りたいね。
5つぐらいはレシピをもっておきたい。
就活終わったらデザート勉強しよー。

引き出しは多いほうがいい。
今度作って食べさせてあげたいね。
プリン系、かフルーツ入ってるやつ。

そういえば昔おかんに教えてもらいながらクレープ作ってたなー。
杏仁豆腐のソースもこの前作ったし。
パイナップルチーズケーキも家で作ったなー。

まずはリハビリとしてケーキ作ってみよっかなー。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-24 20:47 | 日々

人事

内定でてたと思ったらでてなかった。

次で意思確認だからって言ってたのに、普通に面接2本あるとか言うし。

エントリーシート免除って言ってたのに、昨日書けって電話きた。

履歴書出してるのに、履歴書まだかって電話きた。

忙しいのはわかるけどさ、もうちょっと優しくしてちょうだいな。

他社の選考全部辞退しちゃったから、ここに決まらないと困るんだよね。

もう心はお休みに入っちゃったから、今から就活って言われても力入らんよ。

そういえば能力、適正試験だって受けたじゃない。なんでまた受けろって言うんだ。

あんまりいい加減な対応してるとうちの組長が怒るぞ! d0022623_0513066.jpg

どーん!

ちなみに去年のマーケティングの先生です。

色々言いたいことはあるけど

今週の面接どうぞお手柔らかにお願いします。

入社した暁には必ずや会社にとって

大きなプラスをお約束します。

あー頑張ろう。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-24 00:53 | 日々

仕事の思想

d0022623_1165067.jpg


「仕事の思想」という本を読んだ。

少し就職先について悩んでいた時期があって
その際にNのセになるサークルのOBの人に相談したら
この本を薦めてくれた。

来年からはZ作戦を展開して
やっつける対象になりますねー。
完全にライバルだー。でもまた飲みに連れて行ってくださいねー。


{ なぜ私たちは働くのか。
その問いを、胸深く、問い続けることです。
しかしその問いに対しては誰も答えを教えてくれません。
だから、この問いに対しては、私たち自身が
日々の仕事に取り組みながら
「自分にとっての答え」を見つけていかなければならないのです。 }
この本の 「はじめに」 より抜粋。

というように働くことについての思想を著者である田坂広志さんが綴っているわけです。

最初はくっせーなぁとか思いながら読み進めていったんだけど
やっぱりところどころはっとさせられるんだよね。
人間観察についてのくだりなんか、すごい興味深かった。

なんだろー、ここ2,3年で交際とか対人関係から
もやもやとわかってきていたことをきちんと言葉にしてもらった感じ。
人を見る能力、人から学ぶ能力、自己を批判、分析、修正する能力が成長した感じ。

いやらしい言い方をすると、この本を就活前に読んでいたら
ただでさえ面接強い人間がさらにパワーアップしちゃったと思う。
こわいこわい。

とにかくこの本は人事が好きそうな言葉とか考え方がいっぱいだわ。
そしてそんな考え方が好きな自分がいる。
人事が好きな考え方=自分が好きな考え方 → 自分=人事か!?

あーやっぱ人事やりたいなー。

この本は就活をきちんとやった人にお勧めしたい本です。
寺にも是非読んで欲しい本だなー。
あとはあれだなー研究室の後輩に薦めてみても面白いかもなー。

とにかくこの本を読んだこの気持ちを就職してからも忘れたくないので
ここに記しておきます。
仕事に疲れたらブログでも読み返してくれ、未来の俺!

お疲れさん。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-22 23:54 | 日々

楽器 続き

アメリカに移ってからは、同じマウスピースのトランペットに楽器を変えた。

吹奏楽やマーチングバンドが盛んな都市だったこと
英語を使わなくてもコミュニケーションがとれたことも手伝って
トランペットを始めた。

ものすごいいい経験だったよ。
英語を覚えるにもいい環境だったと思う。
ディズニーやユニバーサルスタジオでもパレードしたしね。

中学で基本的な演奏方法や楽譜を見ながら演奏するということを学んだ。
ジャズの基本もここで学んだ。
中学生といえど科目別に明確にレベル分けされる。それがアメリカの教育方法。
レベルの高いクラスに入れたらやる気も出て成績もかなり伸びた。数学とかね。

うまくできないものに関しては当然レベルも低いクラスに入るんだけど
だからって全然駄目で意識も低いかって言うとそうでもなくて
できる人たちを素直に尊敬できる、そんなピュアな感じの子でした。

音楽なんかは真面目に取り組んでもかなわないって感じる差があったな。
厳しい現実を経験させながらできるものに関しては伸ばす。
そんな教育。

アメリカの教育制度に合っていたんだろーね。
学校大好きでした。
真面目にしっかり高校生活を送っていましたよ。

高校の4年間もちゃんとトランペット吹いてた。
アメリカでは3年間、フットボールの合間のショーをやってたし
カナダでは転校したとたんにエースでした。

大学に入学してからは、サークルに入り2年間演奏した。
お金もらってお仕事もしたし、ヤマハホールで演奏もした。
でもしっくりくることはやっぱりなかったなー。

寂しい考え方だけど音楽は才能を与えられた人間のみできるものだと思っています。
趣味レベルなら話は別だけどね、お金をいただいて演奏するというのはどうかと思う。

ノラジョーンズ、レイチャールズ、セリーヌディオン、オスカーピーターソン、チックコリア、
ウィットニーヒューストン、マライアキャリー、エルトンジョン、その他もろもろ・・・

みんな聴くとすごすぎて、ずっと聴いていたいって思ってしまう
かっこいいから、僕もそういう音楽をやりたい!とは思えなかった。
才能ある人の、才能ある演奏をずっと聴いていたい。

それを満足いくまで聴けるだけの大きな人間になりたい、えらくなりたい。
どっちかというとそういう願望が芽生えてしまう。
そういう人を聴いていたい。残念ながらそういう願望。

そんなところで僕の音楽観はとまっている。
さすがに時々トランペットを吹きたいなーと思うこともあるけどね。
吹いて自分で満足するだけ、
それで人を楽しませようとか喜ばせようとか、ましてや幸せにしようなんて考えられない
逆に楽しませてもらいたいってのはミュージシャンに対して思うけどね。

やる側より聴く側でいたい。
それは変わらないでしょうね。
少し寂しい気もしますが、そういう感じ。

酔っ払ってるなー、まーいいや。
おやすみなさい。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-21 00:14 | 日々

楽器

体育のテニスをさぼった。
わざわざ雨の中、はるかかなたの所沢までオリエンテーション聞きにいくのもどうかと思った。
そんなんで研究室にいます。

昨夜ノラ・ジョーンズ聞いてきたし、
少し暇なので音楽の想い出をキーワードに書いてみます。
音楽はも書いてるからね、あんまり触れたくないトピックだったけど、まーいいや。

弟がピアノを3歳からやっていて
いつも母親が弟の練習に付きあっていた。
弟はいつも泣きながら練習してたから相当辛かったんだろーね

にもかかわらずいつも母親と一緒だったからどこか羨ましかったんだと思う。
小学校3,4年の頃かなー、エレクトーンとピアノを始めた。

通学路の途中の 「あぶらざか」 にあるマンション。
ほとんど覚えていないけど、きれいなお姉さんが先生だった気がする。
あのときはまだキレイなお姉さんにそれほど興味は無かったですね。
残念、もったいない。

案の定練習しなかったねー。
地道に同じ曲を何回も繰り返して練習できるほど落ち着いていなかった。
大体じっと座っていられない。

アホな子だ・・・

よく先生にも親にも変なほめられかたをしていた。
練習していないわりにはよく弾ける・・・
練習しないんだけど、先生のところに行って何回か弾くと弾けるようになる。

やればできるけど、やらなきゃいけない状況にならないとやれない。
それは今でも根本的なところは変わってないんだろーな。
自覚して予防策をはるようになった点は成長したと思います。

20年の歳月はムダではなかったね。
まーそんなんだったからピアノは半年でやめた。


ピアノを始めた同時期に凧ラッパという楽器も始めた。

静岡県浜松市で毎年GWに行われる凧祭り。
法被をきて昼間は遠州灘の砂浜で凧を挙げ、夜は屋台を担ぎながら街を練り歩く。
その年に生まれた子供の安全と成長を祈願するお祭り。

ラッパで独特のメロディーを吹き鳴らし祭りを盛り上げていく。
夜の練りの後、子供はお菓子をもらえるんだけど
ラッパ吹いてるとお菓子が倍もらえるという単純な理由で始めた。

d0022623_10382849.jpg


毎日遊んでた友達と一緒に始めたから楽しかったねー。
夜に練習があったこともなんだか子供心にわくわくしてた。
汚い事務所で練習してたよ。

またいつか参加したいお祭りです。
今年のGW行ってみようかなー。ラッパ吹きながら一緒に練り歩きたい。
6年生まで続けた凧ラッパ。今でもアメリカの我が家のどこかに転がっているはず。

なんだか想い出を長々と書いてしまいました。

続く
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-20 14:19 | 日々

ノラ・ジョーンズ

d0022623_1064444.jpg


さっき国際フォーラムでノラ・ジョーンズを観て来た。

CDで聴きなれたものから、知らないナンバーまで
約2時間たっぷり歌声を聴かせてもらいました。
やっぱりグラミーとる歌手だよね。本当に心地よい声で感動しました。

横でみていた弟が一時、寝てしまったのもわかるくらい
気持ちのいい声。決してクリアじゃないんだけど、透き通る芯の強い声。
あとはやっぱり演奏しているプレーヤーが楽しそう。楽しい声。

またその声を、日系人ボーカルのオダさんの声が、キレイに効果的に増幅させるんだよね。
あの二人はなんだか切っても切れない歌手な気がします。相性抜群だわ。
ギターもキモうまかったし、ドラムもすごかった。

さすがハンサムバンド。

観にいけて本当によかったです。オヤジ感謝。
本物を聴く、本物を食べる、本物を見る。
これからも心がけていきたい習慣です。

音楽について考えるところを色々書こうと思ったけど
あまりに眠いのでやめときます。おやすみなさい。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2005-04-19 22:57 | 日々