ドイコ2007


by otokonokarakuchi

カウアイ 10月8日

10月8日です。
この日はカウアイ島を東周りして北へ抜けます。
一気に東周りをして、この島の大きさもつかんでおきたい。
結局かなり運転して、見たいところは大体みれました。
それでは、はじまりはじまりー。



おはよー。

大体毎朝寝ボスケのハニィはおいといて、ひとりで朝の Poipu Beach Park 散歩。
するとビーチで寝ている モンクシール を発見。
なかなか可愛い。
d0022623_21513357.jpg
日差しが目に入ると、まぶしいのかゴロゴロしていた。
なんだこりゃどっかで見たことあるぞ、この生物・・・

どこで見たんだろう・・・と思って
B&Bに戻ったらそいつがベッドに横たわっていました。
あぁこいつだ。ハニィがモンクシールそっくりなんだ。

この朝ごろごろして全然起きない感じ。
まさにモンクシールだ。ハニィ・ザ・モンクシール。
嫁がモンクシールと分かって、ショックを受けながらも優しく起こしてあげる。



8時からはB&Bの朝ごはんの時間です。
絞りたてのグアバジュース と マッシュルームオムレツ+パン。

正方形のテーブルに3組。
外人さんと一緒で、「今日の予定は?」 や 「どっから来た」 とかいろいろお話。
すっごい英会話レッスン。

そしてバングラディッシュ人のオーナーは誰よりもおしゃべり好き。
そして教え魔。カウアイ島についての話なら永遠話続けられるみたいです。
あまりの激しさに朝からヘトヘトです。



1時間フルに英会話レッスンを楽しんだ後に
一日遅れのチェックイン。

フロントに行ったらビーチタオルとゴーグルを貸してくれました。
よく見たら日焼け止めやビーチチェアなどいろいろある。
いろいろレンタル設備が充実したB&Bです。

スタッフがみんなとっても親切。聞いたら何でも答えてくれるし、
カウアイ島についての本もいっぱい貸してくれる。
でもこの親切を親切と捉えるには、英語力が必要かもしれません。



英会話も満喫したし、シュノーケル用具も借りたし、
ノースショア、イーストコーストのドライブ出発です。

カウアイ島は島を1周する道がありません。
だから行った分だけ戻ってこないといけない。
Poipu からノースショアまで一気にドライブして、
そこからいろいろ見ながら降りてくる作戦にしました。

とりあえず、ノースショアまで1時間半くらいで着きます。
Princeville を抜けて、 Hanalei の町を抜けると
車が1台しか通れない橋が何本かあります。 こんな感じ↓
d0022623_2229106.jpg

d0022623_2229244.jpg

橋からの景色はこんなん。大体小さな川を渡ります。
d0022623_22294664.jpg

こんな道や橋をいくつか抜けて、行き止まりまで走りました。
大体 Poipu を出発してから1時間半~2時間くらいかかったかなー。
ケエ・ビーチに到着です。



行き止まりというわかりやすい立地のせいか、人は結構いるけど、
目の前には綺麗なビーチ。そしていい天気。後ろをみたら渓谷。
こんなところに来たら泳ぐしかないでしょう。
いつでも泳げるように、ノーパンに海パンで運転していたので、僕は準備万端。
ハニィは泳ぐなんて考えていなかったらしく、ビーチでタオル巻いて水着に着替える。

泳いでみると、浅瀬が岩場になっていて、魚がいっぱいいました。
ちっこいのから、でっかいの、長いのまで。やっぱりいいねー綺麗な海があるって。
d0022623_2230840.jpg

ちょっと泳ぎ疲れて散歩。
本当にこいつらはどこにでもいます。ビーチにも参上ニワトリ軍団。
d0022623_22302541.jpg

B&Bの主人には、ここの行き止まりポイントにある渓谷のトレイル、
カララウ・トレイルを30分くらい歩いてみることを勧められていたんだけど
あまり時間がないってことと、入り口の時点でビーサンじゃ危ないな と思い
断念しました。トレイルはまた次回かなー。



行き止まりポイントをあとにして、来た道を戻ります。
洞窟がいくつか見えていたので洞窟を目指す。
ビーチパークの向かいで駐車。
d0022623_2230429.jpg

このビーチパークの真向かいに、奥行きも50メートル?くらいある洞窟があります。
d0022623_22311548.jpg

洞窟の中間点くらいから外を撮るとこんな感じ。
d0022623_22313421.jpg


洞窟をあとにして、こんな感じの景色の中ドライブ。
この島は本当に水と緑が豊かです。
d0022623_22315141.jpg
ハナレイの町に到着。
元気よく泳いで、お腹がすいたので、ここでランチです。
d0022623_2232979.jpg

かわいい教会がお出迎え。
こじんまりとした可愛い町です。
d0022623_22331687.jpg
すし屋のロゴも可愛い。
町全体の写真撮ってないからなんのこっちゃわからんね。
d0022623_22333253.jpg

ご飯は、アロハなんちゃらというお店のハワイアンプレートランチを頂きました。
ハワイの伝統料理が盛りだくさんの、プレートランチ。
カルーアポーク?とかそのたマヒマヒのなんちゃらとか入ってました。
d0022623_22334539.jpg

町並みは想像してください。
20ぐらいのお店が並んだ可愛い町です。
その一角のスーパーでみつけた熊の容器の蜂蜜。これはGETしました。
あとゴリラの形をしたココナッツで作った貯金箱もGETです。
とっても可愛い町でした。
d0022623_2234695.jpg


ハナレイを後にして、少し運転すると、展望台があったので寄ってみる。
確かハナレイ出てすぐだと思いますが間違ってたらごめんなさい。
ただただのどかな田園風景。 カウアイっぽい景色なのでアップしておきます。
d0022623_22342292.jpg



この付近で行きたかったお店がひとつあった。
バナナ・ジョーフルーツスタンド。
ジョーおじさんってのが、スムージーなどを売っているお店らしい。
で、頑張っていってみたものの、夏休みなのか2週間くらいお休み でした。
残念



ジョーおじさんいなかったけど、気を取り直してキラウェア灯台に向かう。
海のほうへ行く道を左折してブイブイいくと着きました。
でもそこでもなにやら灯台に行く道が封鎖されていて、遠くから見るだけに。。。
近くまでいけなくて残念です。
d0022623_22343618.jpg



灯台を後にして、ハニィが欲しがっているアロマオイルとやらを探すことに。
でもなかなか見つからずに喧嘩・・・
ははは、今思えばいい思い出です。喧嘩するほど仲がいい。

なんとかアロマオイルも無事にみつけて
さーシダの洞窟に向かおうかー といいながら
ガイドブックを見ると、シダの洞窟へ行く船の最終便があと15分しかないことに気づく。

そこでも、「こんなアロマオイルとかいうわけわからんものを探してるからじゃぁ・・・!」
と思いつつ車をぶっ飛ばして向かいました。
で、頑張りが報われてなんとか間に合う。
間に合ったしチューして仲直り。 結果よければすべて良しです。

これからも仲良く行きたいもんです。



シダの洞窟って船で行くんだけど
その船には、普通のガイドと江戸っ子おばちゃんの日本語ガイドがあった。
その日本語のおばちゃんガイド。
d0022623_22345743.jpg

船に乗っている途中、サーフボードの上に立ってオールでこいでいる人発見。
最近はやっているスポーツみたいです。
d0022623_2235136.jpg

そして到着。
意外なほどにたいしたことない。
昔は洞窟の中にも入れたらしいけど、今は遠くから安全柵ごしに見るだけ。
確かに神聖な場所なんだなーということはわかったけど、あまりいけてなかったです。
d0022623_22353273.jpg

帰りもきた船に乗り込みます。
帰りはフラショー。素敵な歌と、フラのショーです。
シダの洞窟ツアーは一人$20ですが、
シダの洞窟だけ見るのでは結構高いけど、
このフラショーがついているので、なんだか満足します。
特に、最後フラの体験レッスンしてくれるんだけど一緒に動くともう楽しくて大満足です。
最後にレッスンしてくれた曲は、結婚式でも踊った曲でした。
2回目にもなると、振り付けも覚えてるぜぃ!楽しかったー。
d0022623_2235498.jpg

帰ってきたら駐車場に孔雀がいました。
初めて野生?の孔雀をみました。
今思うとビックリです。孔雀って野生でいるんだー!という都会っ子の驚き。
d0022623_2236337.jpg



シダの洞窟ツアーが終わると
結構日が暮れている。
もう一箇所見ることができるかなー。

オパエカア滝に行ってみた。
ちょろちょろ滝・・・ではないけど遠すぎて何がなんだかわからん。

カウアイ島で思ったことは、すさまじい自然がないこと。
ハワイ島に行ったときは、森を見ても山をみても凄まじい自然で唖然とした。
ハワイ島は人の常識を超えていた。
カウアイ島は、人が考えられる範囲の自然が本当に豊か。
驚きはないけど、心から落ち着ける緑。これがカウアイ島の本当の魅力なんだと思う。

滝のそばから見える景色。
d0022623_22361976.jpg

d0022623_22383584.jpg

滝を後にして、まだちょっと明るいから近くにあるっぽいもうひとつの滝に向かった。
でも道に迷って、というかあるはずの道が見つからずいけませんでした。
まー奥まってるところっぽかったからどっちにしても無理だったね。
次回かなー。



一日中、自然観光してお疲れチン。
お腹ペコペコです。

晩御飯は空港のある町リフエで、サイミンという麺を食べにいきます。
Hamura Saimin っていうロコばっかりのお店。
全然キビキビ働かないおばちゃんが適当に注文とって、適当に作っている。

サイミンって、インスタントのうどんっぽい味のするラーメンという感じです。
それにみんな辛し醤油をつけて食べている。
なんか不思議な味なんだけど、どこか懐かしい味。

エビフライが入った Shrimp Saimin と
いろいろ入った Special Saimin をオーダーして二人で一生懸命食べてたんだけど
ハニィが途中トイレに行きたくなったらしい。

で、その間にバクバク一人で食べていたら、
ハニィが戻ってきて自分のサイミンの残り量を見た瞬間すごい不機嫌になった。
いじけんぼ・・・ 女は難しいぜぃ!

まーいじけてたけど、おいしかったね。
また食べに来たらいいじゃん。 ごちそうさん!
  


サイミンを満足な量食べれなかったハニィは出発してもいじけ気味。
ガイドブックを見て、デザートにマラサダを食べに行こう!と提案すると元気になりました。

でも、そのパン屋さんに行ってみたものの
人気のマラサダは既に売り切れ・・・残念
まー食べれなかったけど、元気になったような気がします。

よかったよかった。



B&Bに戻って、ぶはーっと寝っころがって休憩。
あーよく遊んだ。明日はワイメア渓谷と南・西サイドです。
おやすみなさーい。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2007-10-17 05:06 | 二人