ドイコ2007


by otokonokarakuchi

Blast!

d0022623_2032384.jpg

いけてないショーでした。
また後日書きます。



このショー名前の通り
トランペットがパッパーン♪と激しい爆音と高音で楽しませてくれる!
と期待していたのですが、全然期待はずれ・・・

演出はダメ、楽器はうまくない、選曲はダメ、動きはダメ、
バトンの出演が多すぎる、フルートソリストが下手、テーマがわからん、
足の動き気持ち悪い、長い、何がしたいかわからない、
ついでに歌も下手、バトン下手、舞台上の人が多すぎる・・・

トランポリンとかいらないよ。
そりゃ動きまくってても音は鳴るだろうけど
本当の音は鳴りません・・・

だいたい面子のプロフィール見たら
ほぼ全員が、「複数の楽器ができる」 というプロフィールだった。
そのせいかどいつもこいつも中途半端。
上っ面のダンスに、素人ならこれで騙せるなーという音楽・・・

挙げればきりがないほど、ダメなショーでした。

唯一良い所を挙げるとすれば、トランペット(1人だけうまい)と
バトン世界一男の掛け合い。
超絶テクで虫のBuzz音を吹くトランペットと、虫をイメージさせるバトンの動き。
これには驚きました。

あとは本当に全然たいしたことない。
これにみんな1万円以上払っているなんて、見る目の無い客が多いもんだと関心しました。
こういう変わりダネを観る前に、もっときちんとしたショーを見て目と耳を肥やすべきです。

今回は、ご招待ということで、タダ券をもらって行ったし、
色々な面でかなり優遇されていたから文句は言いづらいけど、
これを音楽のショーとして見ようとしている人にとってはオススメできません。
後悔するから行っちゃダメ!

逆に、このショーをバトンのショーとして見ようとする人
もしくは、外人が歌って、楽器吹いて、踊るのを見てキャーキャー感じたい外人好きな人
あと楽器を聴いた経験があんまりない人
こういう人にもオススメではないけど、まー楽しいんじゃないでしょうか。

なんとなく客層が、おばちゃんとか女子高生だったのはそういう理由かもしれません。
あと前作からのリピーターが多いのもこのショーの特徴ですね。
前作はよかったのかな? 疑問だけど。

d0022623_20593792.jpg

このショーのベースになっているのは間違いなくフィールドショーです。

「ドラムライン」 っていう映画を見たことある人ならイメージが沸きやすいと思う。
簡単にいうと、アメフトのグラウンド中をマーチングしながら演奏するという競技。
僕自身高校の4年間、このフィールドショーという競技をやっていました。

アメリカではかなりメジャーな競技で、
大学のフィールドショーの全米大会などは、本気で感動できるぐらい完成度が高い。

今回のブラストは、このフィールドショーのプロなのだと勘違いしてました。
たまにフィールドショーのマーチングを見せてたけど、基本から逸脱しすぎてた。
残念!本当に残念でなりません。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2006-09-14 21:56 | 二人