ドイコ2007


by otokonokarakuchi

十和田卒業?

昨日東京プリンスホテルで巨人のパーティがあった。
もしかしたらこれで最後の十和田アルバイト
この4年間本当にお世話になりました。

年100回は微妙だけど、50回は確実にやっていた。
数だけなら 年間100 ぐらいはパーティをこなしていたと思う。
ものすごいホテルのパーティに詳しくなった。

日本経済が不安定なときは、料理が安かった。
回復の兆しが見えてくると、注文の枚数もなくならない量の注文が出てくるようになった。
就職活動の会社説明じゃないけど、パーティの料理や
来ている社員の雰囲気を見れば、その会社がうまくいっているのかいないのかがわかる。
いい勉強させてもらいました。

企業のバーティで印象的だったのは三菱扶桑。
一昨年は役員も社員もみんな本当に元気がなかった。
乾杯はしないで、 「頑張ろう!」 というような掛け声で杯を上げたように記憶している。
それが去年、復活の兆しというか、新製品とともに元気よく杯をあげた。
挨拶している人は変わり、雰囲気も変わったように見えたが
そこで働く社員の頑張ろうという気持ちは結構ビンビンでていたように思う。

あとは Suzuki の会長。
この人は多分パーティが好きなんだと思う。
あまり ソバ の出番がない車関係のパーティで、毎年必ず見た著名人の一人。
今年も拝見して、暖かいおそばを食べていただいた。

十和田を通して政界の人は多く見ることができた。
まず民主党全員、毎年ある 「民主党大躍進パーティ!」
これは、はっきりいって大躍進しないので結果がともなわないパーティのひとつと言える。
自民党も有名どころはほぼ全員見たかな。
やはり小泉さんは感動的でした。

政治家のパーティは大変です。
政治家のパーティは票集めと、資金集めを主している。
だから政治家は自分の話したいことを全部ここで話す、すると挨拶時間が長くなる。
参加者は参加者で、結構高いお金を出して、出席しているわけでご飯食べたい。
挨拶が長い、パーティ時間は限られている、でもご飯はいっぱい食べたい・・・
時間がない、でも食べたい、でも時間がない・・・

自然と料理テーブルは戦争と化す。
乾杯する前に 「飯くれくれ」 言う、ツユのかかっていないソバを取る
料理の前に食べ終わったお皿を放置する・・・
もうだれも政治家の話なんて集中してきいていない。
バイトにとっては、始まるまでの待ち時間が長く
始まってからも器を回収できないため長いという結構辛いパーティのひとつです。

大変といえば、基本的に製薬会社のパーティは大変。
MRとよばれる製薬営業軍団が華のお医者様軍団を接待するパーティです。
まずパーティの目的が薬の営業や実験の依頼にあるので、会議があります。
その会議は9割がた 「押す」 つまり長引くのです。 
製薬のパーティは開始が遅くなっても基本的には終わりがその分ずれこむ。
そして社員は、料理を口にしてはいけないという悪き習慣のせいでさらに長引く。
でもこの残った料理を食べるために2次会が必ず用意されているのがまたさらに痛い。
開始が遅れて、1次会が長くて、2次会が必ずある・・・
最悪パーティのひとつですね。

有名人ではホリプロの株主総会が結構記憶に新しい
2次会で、石原さとみちゃんの挨拶を近くで見れたのは最高でした。
普通に好きになったね。

あと宴会の催し物で出てきた パパイヤ鈴木with親父ダンサーズ
ミスターマリック なんかも最近ですね。
アナウンサーがバイト?仕事?なんかわからないけど司会をやっていることも結構あります。
フジテレビや日テレ、テレビ東京のアナウンサーなんかは何人か見ました。

スポーツ界も多い
東京プリンスが西武系列ということもあって西部パーティ
なぜか昨日みたいな巨人パーティ
大リーグが開幕戦を東京で行ったときには両チーム同時にみれました。

なかなかできない経験をお金までもらってできました。
感謝してます専務!
ありがとうございました、もしかしたらまた来年やるかもしれませんが・・・
[PR]
by otokonokarakuchi | 2006-03-23 11:22 | 日々