ドイコ2007


by otokonokarakuchi

4日 ヒロの雨とボルケーノ

4日はこの旅行の目玉でもあるキラウエア火山に突入した日
午前中はヒロの街とその周辺にある豊かな自然を満喫した。
雨の街といわれるヒロだけど、観光の要所要所は晴れてくれました。
例えばアカカ滝、駐車場に着くまでは雨がポツポツ降っていたけど
着いて歩くころになったらキレイに晴れてきた。
レインボー滝に行くときも、移動中は雨が降っていたけど着くと雨はあがっていた。
終始天候に恵まれたハワイ島の旅。

このヒロの雨は本当に素敵でした。



前日の大移動のおかげか、時差ぼけもなくゆっくり眠れた。
雨の音と雨の匂いで起きる、でも嫌な感じがない雨、気持ちいい。

気持ちよく起きて、さー出発!
まずは朝ごはんを食べるため ヒロのダウンタウンにあるベアーズコーヒー へ向かう

朝からすごい賑わい、人気のお店だ。
感じのいいおばさんとお姉さんが二人で忙しくしている。
いつのまにか晴れていた、朝から気持ちがいい!

店の外にあるテーブルに二人で座り
僕はエスプレッソ、ハニーはグアバジュースをもらう。
そして ワッフルと ターキーとワイメアトマトと何とかチーズを挟んだベーグル をオーダー
このチーズはおばさんのオススメ、このオススメしたがって正解でした。
ワッフルもベーグルもめちゃくちゃうまい!!
もちろんアツアツででてくるからっていうのもあるけど、そういう次元じゃなく本当においしい。
ワッフルにかけるシロップも甘すぎなくて絶妙。
ベーグルの具もワイメアトマトの甘みがチーズとターキーにとても合う!
あーこの店近所にあったら通うなー、また行きたいなーベアーズコーヒー。
おいしかったです、ごちそうさまでした!
d0022623_1661389.jpg

食後はそのまま朝市が行われている、ファーマーズマーケット
活気溢れるヒロのダウンタウンのど真ん中
取れたての野菜やフルーツが並ぶ
道を挟んだ違うセクションではアクセサリーやみやげ物が置いてある。
そこで青いネックレスを買った。
なんとなく海を感じるネックレス、よく似合っている、可愛い。
あとは野菜フルーツ不足を解消しようとトマトとオレンジも購入!

さーヒロ出発!まず目指すはアカカ滝
昨日の道を少し戻ることになるの、昨日はもう暗くなっていた景色を楽しみながらドライブ
ここは駐車場から少し歩いたところに滝があります。
d0022623_15402269.jpg

d0022623_7591838.jpg

気合入ったジャングル、いつも雨が多くて湿度が高いのがよくわかります。
こういう感じの森の中を歩くこと10分、まず最初の滝が出てくる。
正直たいしたことないんだけど、順路的にこれをみてからアカカ滝なのです。
でアカカ滝
d0022623_1543397.jpg

おー美しい・・・というか高い!
見たときは虹もきれいにかかっていました。
d0022623_815166.jpg

またヒロ方面へ向かう道に戻り
今度はレインボー滝に向かいます 滝の連荘
この滝は朝9時から11時くらいに行くと虹がみれる可能性が高いですよー と言われている。
でも着いたのは残念ながら12時を回っていた。
ちょっと迷ってレインボー滝の前に ボイリングポイント というポイントも見れました。
レインボー滝は、時間をはずしたせいか観光客もそれほどいない。
着いてまずは、正面から見てみる・・・残念ながら虹はみれない。
ちょっと丘にのぼって、滝に近づく、すると見れました虹!
d0022623_1601513.jpg

おーそういう向きに虹かかるのか、予想外!!
いやーでもラッキーだったなー
来る前にちょっと雨ふって、着いたら晴れ間
虹が出るには絶好のタイミングだったのかもしれません

よーし虹も見れたしボルケーノに向かいますか!
でもその前にヒロの街にはもう一つ重要な観光名所があります。
それが2体目の カメハメハ王像
d0022623_1663696.jpg

こっちのカメハメハ君はキンキラキンで、公園の真ん中で海を見つめています。
これで2体目GETです。

ヒロのダウンタウンを抜け11番を南下
ゆっくりとボルケーノまでのドライブを楽しみます。
途中マカデミアナッツの農園と工場を持つ マウナ・ロア・マカデミアナッツファクトリー を発見
これが結構よかった。
ハワイならどこのお土産売り場でも目にするマカデミアナッツ
この工場を訪れたから、なんだかお土産屋で目にしたときは嬉しかったです。
d0022623_16164752.jpg

ここで5種類の味のマカデミアナッツをお土産に購入
味見して一番おいしかった ガーリック&オニオン味はドライブのお供にしました。
これからは誰かがハワイに行くときいたら絶対これをお土産に頼みます。
ビールが進君。

そんなイカしたマカデミアナッツ工場を後にして
ボルケーノへ向かう・・・でもその前になんか食べなきゃねー。
とかいいつつ、もう行くところは決定しているのです!
食べるものについては熱心に研究を重ねていたのでここは譲れない。
ここでもまたまた big_jin さんに無断で勝手にお世話になるのですが
すいません、もう写真までも借りちゃいます!!ごめんなさい、本当に
d0022623_16252844.jpg

ヒラノストアのチリボウル!
要は チリスープのどんぶりです。
時間も3時くらいだったので、二人で一杯。
あーこれは最高にうまかったー!!
ベアーズコーヒーのベーグルと合わせて、もう一回食べたい・・・マジで。
ハワイはご飯がおいしいですねー、この点は本当にすばらしい!
もう一杯食べておけばよかったとちょっと後悔しています。

もうここからは、ボルケーノまではすぐです。
まず今回の宿泊するB&B、Volcano Bed & Breakfast へいくために
ボルケーノビレッジの管理オフィスに向かう。
ここで、まず鍵をもらってチェックイン、そのときすごい情報を仕入れた
「1912年に建てられたおうちなのよー♪」
おーほぼ築100年・・・すげぇ
d0022623_1636535.jpg

でもこれが意外とキレイで居心地がよかった。
とまった部屋は3階の Lokehani’s Room でこじんまりとしたお部屋。
3階にはもうひとつ部屋があって、ここの客とトイレとシャワーを共同で使う感じ。
共同といっても顔をあわせることもあんまりないので特に気にならなかった。
とりあえず着いて一休みして、念願の Volcano National Park に向かう。

アメリカの ナショナルパーク は色々訪れているが
いずれも計り知れないパワーに圧倒される。
基本的にハズレなんてない、どいつもこいつもすごすぎる場所ばかりである。
今までで一番好きだったのがサンフランシスコの北?にあるジャイアントセコイヤの森。
このとてつもなく大きな木を見たときに中学生だったと思うが、鳥肌が立った。
今回も火山が近くにあるという期待と興奮を抱きながらの火山デビュー!
ボルケーノビレッジから5分もいかないところが公園入り口、$10払い入園。

まずはキラウエアクレーターを右回り
と、入ってすぐのインフォメーションセンターでハワイ州鳥の ネネ 発見
d0022623_1784056.jpg

そして最初のクレータービューポイントで驚きの一撃
どどーん! でかいなーキラウエア・カルデラ あと ハレマウマウ火口 まだ煙出てるし・・・
すごい風、どんどん霧が流されて晴れ間が見えてくる、歓迎されているみたいで嬉しかった。
d0022623_85771.jpg

そこを見て、どんどん山を下りて、次なるポイント ハレマウマウ火口 へ向かう。
そこは溶岩台地がどどーんと広がっていて、なんだか少し硫黄臭い。
歩いて火口をもっと近くから見るポイントへ。
少し歩くと、晴れていて、虹がきれいにカルデラの中にかかっている。
下から上まで全部みえる虹・・・地面の付け根は見えないが、上までしっかり見える半円の虹
おー! いやーこういう虹をみれたのは本当に幸せだった。
本当に歓迎されているみたい。

キラウエア火山には 火の女神ペレ がいるといわれている。
きっとペレは僕のことが好きに違いない!
ペレに抱かれながら、ペレにとっては迷惑かもしれない想像を働かせてみた。

そのまま調子にのって チェーン・オブ・クレーターズ・ロード も行く
ところどころに 「19xx Lava Flow」 と 「19xx年 ここに溶岩が流れた」 
というような看板を目にする。
赤茶のかかった黒くてでっかい岩はプツプツ小さい穴が開いている。
d0022623_17304974.jpg

もうずっと 「溶岩流れました!」 というような道をひたすら下りていくこと30分
なんか遠くの海から煙が上がっているのが見えてくる。
煙があがっているのは、溶岩と海が戦っている場所。
ハワイ島 ビッグアイランド はまだまだその土地拡大に向けて頑張っているようです。

戦場が見えてからさらに15分。
ついに下のビジターズセンターに到着、夕方6時くらい。
ここから歩いて流れている溶岩をみにいくのです。
駐車場がないからみんな道に並んで止める、これが結構果てしない列。
d0022623_17433420.jpg

なんとか止めて歩いていく テクテク20分くらいで道が溶岩によって塞がれている
d0022623_864679.jpg

ゴツゴツした溶岩の上を歩いていくと、遠くに赤く光る溶岩が海に流れていく様子が見える
おー! でももっと間近で見れるもんだと思ってたよ・・・ちょっと残念。
それでも流れる溶岩のパワーは力強くて、感動してしまいました。

その感動している間にチラチラと頭の中をめぐっていたのが
今晩はご飯にありつけるのだろうか・・・? という疑問
ビレッジセンターによるとレストランは8時までですよーとのことだったので
なんとしても8時までに戻りたい、だけどもう7時前・・・
観光しながらとは言え来るのに1時間かかった道のりを、暗い中戻れるかなーという不安。
食べるの好きだから食べれないと悲しくなっちゃうんだよねぇ。

帰り道、前の車がなかなかやる奴で前を照らしながら相当なスピードで飛ばしてくれた。
その車の後ろに付けて、僕らも飛ばす。
真っ暗な山道をビュンビュン走り、帰りはなんと20分ぐらいで帰ってきました。
おかげでおいしい晩ご飯にありつけました。
鬼気迫る運転をした車のドライバーに感謝、きっとその人もご飯食べたかったんだろうと思う。
d0022623_1814916.jpg

ビレッジ内にある ラバ・ロック・カフェ で何食べたっけ アヒ・ツナミ・サラダ と
あれあとなんだっけ? 忘れてしまった・・・とにかくおいしかった。
ハワイは飯がうまい!!

おいしくいただいて、ホテルでゆっくり休みました。
この日もかなりのハードスケジュールでしたねー。
とても充実していた、楽しかったです、おやすみー。
[PR]
by otokonokarakuchi | 2006-03-17 14:55 | 二人